FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

2本立て

2013年05月30日
昨日の水曜日。
プールのバイトも5週目でお休みだったので久しぶりの1日休み♪
ということで、ようやくレディースでーの映画に出かけられたわー。

朝9時半に家を出て、はるばる?京都まで。
きっかり1時間でTジョイ京都の窓口に着くんだよねー。
10時台の「聖おにいさん」と13時半からの「中学生円山」のチケット購入して
いざ映画館へー。

聖おにいさんは実写じゃなくてアニメーションなので原作の世界観を損なう事無く
うまい具合にいろんなエピソードを繋げてあって、面白かった。
原作以上に近所の住民とのエピソードがたくさんあって、下町人情物語みたいな
仕上がりで、まったりのんびり楽しめる映画だったわ。

また原作読み返さなくちゃww

そうそう、声の吹き替えもイメージあってて良かったわぁ。
漫画原作のはできれば実写ではなく、アニメぐらいで止めといて欲しい。
特に自分の大好きな漫画だと余計に…

あ、でも予告でやってた「ガッチャマン」は配役が意外とマッチしてる感じで
ちょっと興味あったかも。
ま、本音を言えばあのCMの時やがんばりのアニメみたいにSMAPで
ガッチャマン、やって欲しかったけどなー。(白鳥ジュン役の吾郎さんww)
新しいガッチャマンの実写メンバーって下手したらSMAPの年齢の半分ぐらい!?

ま、そんなこんなで?まったりとした後はフードコートでお昼ご飯を食べて
いよいよ「中学生円山」を見るのだ!
なんて贅沢な1日…ww


一番後ろのど真ん中の席を陣取って、(一番後ろの席は前の通路が広くてゆったり♪)
上映を待ってたらちょっとうとうとしちゃった。(予告が長い)

観客はパラパラといてて20人ぐらい?
上映間近にテスト終わりで早帰りの中学生?と思しき集団が。(私服だったけど)
4人ぐらいでわいわい言いながら入ってきたよ。
おー、円山くんとリアル世代の若者だよ!どんな反応するのかなーとちょっと楽しみ。

あとは母娘の二人連れ、夫婦、若いカップル、外回り中らしき黒のパンツスーツのOLさん?
と、なかなかバラエティに富んでた。
まぁ舞台挨拶の時はほぼツヨファンの女の人で埋め尽くされてたもんね。

ちょっとしたツボの羅列。(順不同)

・あの1番最初に「届いた?」と聞いたのはDVDのこと?それともお面?
・妄想中ってホントに妄想だけしてるのかと思ったら行動も伴うのね。
・メガネ壊されて神経質そうに動く下井さんの首や目や指がやっぱり気持ち悪いww
・ですよねぇーって言いながらわざと来る所なんてちょっとイラッと来る。
・下井でしたーって言いながら扉を閉めるところなんて最高にキモイ。
・あのジャムのハチ(ハエじゃなくてハチと思いたい)はいつ入ったのか?
・裸踊りのウンババウンバのシーンは例の中学生達めっちゃ笑ってた!
・あと「舐めたくて!舐めたくて舐めたくて舐めたい!」のくだりも
 バカウケだった!君達にも心当たりがあるのかい?ww
・あの下井さんの部屋の魚の絵は誰が書いたのか?
・彼はあの青い部屋で喪失感を抱えながら正しく生きたいと思ってたのかなぁ。
・そう考えるとなんか切ないわぁ。
・克也に尾行されてた時のどんくさい下井さんがどんくさすぎて逆にすごいww
 あんなどんくさい人、実際でもそうそういないのに、あれぇ?って!
 (実はここで映画館では爆笑が起こっていた)
・韓流のくだりは中学生以外の大人(特にオバちゃんたち)には大ウケ。
・ヌカテ(違)からレポーターの身を守るときの動きが尋常じゃなく早い。
 あの目つきや仕草で「この男、只者ではない」と思うんだよねー。
・プールでの狂気じみたあのガン捌きはちょっとかっこいい。
・克也が撃たれたのかと思ったら足がつっただけ。
・いつかああいった狂気じみた役をやってもらいたい。
・CMでも流れてたショットガンを扱う所がかっこいい。
・目をそらしたら意味が出るだろう。隠したら意味が出るだろうの件は面白すぎる。
 そして漏れなく中学生は大爆笑だったww
・バトルアクションのシーンはアニキではなくやっぱり下井さんと言う所がさすが。
・ボーっとしてると思いきや、たまに見せる冷酷というか冷めた目が殺し屋チック。
・あの「何を考えているのか掴みきれない感」が謎を深めているあたりもいい。
・エンケンがかっちょいい。
・歌ってる時の激しさもだが演技やナレーションの淡々とした喋り口も素晴らしい。
・茜ちゃんがおませさん♪
・おじいちゃんが彼氏。でもなんか一番大人っぽいカップル。いい感じの2人。
・体育館でいきなり脱ぎだして自主トレ?に励む克也を応援するくだりで
 女子に足を押さえさせてたけどあの女子はそれを見てても大丈夫なのか?笑
・当然のことながらこのシーンで劇場の中学生は大爆笑!
・届いたシーンでは映画の中の人たちと共に「おーっ!」と歓声を上げてたわww
・克也がおじさーんと下井の元へ急いで行った時に団地を去ろうとしてた下井さん。
 そこでまさかの「妄想が現実を凌駕する瞬間」
・ベビーカーの手元のスイッチ?を押した時に大ちゃんがベビーカーから立ち上がったけど
 あれはいつもそうなのかなぁとふと思った。なんか悲しいよね…
・ライフルを構えた時の下井さんの目が表情が悲しいまでにかっこいい。
・奥さんが亡くなった現場を見下ろす下井さんの表情もだけど、あの息遣いが
 見ているものをたまらなくさせる。
・泣き叫ぶわけでもなく、怒り狂うわけでもなく、あらゆる感情を閉じ込めてしまった
 感じが余計につらい。
・デスペラード、助けてー!と言って出てきたのはギター。「え?」と言う克也が面白い。
 それが現実だよ。
・っていうか、あの腰はどうなってんの?柔らかすぎ!
・現実では身体の構造上、自分でと言うのは無理らしい。
・チンピラが落とした銃がアップになった時、これが最後の付箋になるのかと思った2回目。
・大ちゃんを見たときに、一瞬我に返る下井さんの脳裏に広がる幸せだったころが
 せつな過ぎて泣ける。
・あの重い拳銃を水鉄砲だと思ってるんだろうなぁ。
・回想シーンで水鉄砲で水をかけられて「わーーーー♪」と言うシーンでの銃声は悲しすぎる。
・脳天命中でなぜ喋れる?「今言わないと」「届いたよ」「おめでとう」のシーンでぐっと来た。
 一回目は特に何も思わなかったのだが、2回目はあのシーンでうるっと来た。
・下井さんは現実だったのか、妄想の世界の住人だったのかが今でもよくわからない。
・アカネとおじいのシーンで「家族に話した」時の周りの反応が普通なんだけど
 「まだ早い」と「遅すぎる」ってあの2人だからこその面白みがあるよね。
 キスシーンでも「初めて」と「最後」って両極端なのに分かり合ってる感じがいい。
 うまくいえないけどあの2人のシーンは結構好き。

帰り道に1人で色々考えながら帰ってたんだけど…
結局下井さんが現実の世界の人か、妄想の世界の人なのか最後までわからない私。

克也の部屋で清水さん?が「どうして人を殺しちゃいけないの?」って唐突に尋ねたシーンで
「この先、殺したいぐらい憎たらしい人が現れたらどうするの?」って問う所。
(あいまいなので細かいところは気にしないでください)
あの「殺したいぐらい憎たらしい人」が下井にはいたはずだと。
下井にとってはあの犯人はまさしく「殺したいぐらい憎たらしい人」のはず。
でも犯人は中学生だったから保護されてまた世の中に放たれていく。
そのやりきれなさの中で彼は生きてきたのかなぁ。
もしかしてそのやりきれなさがあの海の底みたいな部屋なの?とか深読みしすぎていく自分。
細かいことだがルールを守れない人を許せない。そういう人を処罰していくことで
彼は正しく生きたいと思ってたのかなぁ。

そして下井は大ちゃんに撃たれて死んでしまうわけなのだが、これも現実か妄想か
未だにわからない。
現実だったとしたら克也の子連れ狼の妄想が現実を超えたってことよね?
あー考えればますます混乱するー。
あの刑事達もどこから「子連れ狼」の話を聞いてきたのか?
誰に聞いても「丸山くん」って言うんだよねーってホントなの?
ってことはこの辺りもやっぱり妄想?それとも現実?とまた混乱するの。

克也は下井の死後、妄想しなくなったんだよね。
ということは下井の死は「妄想の世界における最終回」ってことになるのか?
となると彼の死は必然になってくるよねぇ、って思ったのよ。
彼を死なせてしまうということで一区切りつけたというか。
これはあくまでも下井が妄想の世界の住民って事になっちゃうけど。

現実だとしたら、あの現状を目の当たりにして普通に生活できないやん!と
妙に冷静に考えてみたりして。

下井は大ちゃんに殺されてしまうことで救われたんだろうか、それとも…
大ちゃんのその後はどうなってしまうのか…と考えてしまうとむなしいので
やっぱりあれは妄想の世界の出来事だから大丈夫なんだよ!と言い聞かせたり。
とにかくものすごく色々考えてしまうエンドレスな映画だわ。
こんなに短期間に2回見に行くって今までにないコトだし。
(アニキも難解も見に行ったけどねー、またちょっと意味が違うと思う)

なんかいろんな人が言ってるけどジワジワ来る映画だわ。
時間があれば何とかもう一回見たい。
なのでもう少しがんばって長く上映してくれますように!

また長々と書いてしまった…
お風呂入って寝ーようっと!

あ、余談ですが。
あの刑事の2人組、亀梨くんの「俺俺」にも刑事役で出てるんだってねー。
偶然らしいけど亀梨くんの映画でもあんな感じなのかちょっと見てみたいわぁww
スポンサーサイト
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。