07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

40周年。

2012年12月05日
昨日、ユーミンのライブに行ってきた。
久しぶりのユーミンだったよ。

いつもユーミンは早々とFC先行予約があり、それでチケットを
入手していたのだが、今回はちょうどその時期がツヨちゃんの舞台の
日程とかぶりそうだったので、FC先行を申込まなかったのだ。
それともう一つ理由があって、ユーミンだけのライブじゃなくて
プロコル・ハルムというイギリスのロックバンドとのコラボライブと
なってたことからちょっと躊躇してたのよね。

で、慌ててチケット取ったから2階席のど真ん中ぐらいの座席だったけど
今回のライブは大人のしっとり感漂うものだったので、いつもみたいに
立ってノリノリ!みたいなのではなかったから全体が見えてよかった。

ユーミンは中学のときに聞いたパイプオルガンの音に衝撃を受け、
その翌年プロコル・ハルムの曲を聴いて、感動したことが今の
ユーミンに繋がっているそうだ。(当時13歳って!おませさん!)

その自分の音楽のルーツとなった憧れのバンドとのコラボレーション。
この人たちといつか同じステージに立ちたいと夢見てやってきたユーミン。
その夢が叶った彼女は一緒に歌いながら感動して泣いてた。

プロコル・ハルムの青い影を聞くと、イントロの部分とか曲の雰囲気とかが
ユーミンととても似ているので、やっぱりこの人たちの影響を強く受けてるのが
私達にもわかった。

いつもと違ってユーミンの曲自体も荒井由実時代の懐かしいものが殆どで、
私が高校生の頃聞いていたものばかりだったの。
歌詞の内容ももちろん感動するんだけど、その曲達を聴くとその頃に感じた
感情が甦ってきて、甘く切ない片思いをしていた頃の気持ち、受験とかを
控えて不安だったり、友達と過ごした放課後の風景だったり、そういう
青春の頃の思い出が音楽とともに甦ってきちゃって、気がつくとポロポロと
涙がこぼれてた、って感じ。

しっとりとホントに大人の雰囲気でライブは進んで行ったんだけど、
彼らとコラボで歌ってるユーミンをよく見ると、もうね、泣いてるの。
感動して。夢が叶ったと言う喜びで。
こうして彼らと一緒に歌えたのも今までずっと応援して支えてくれた
私達ファンのおかげって言ってくれたけど、そりゃユーミンの才能でしょ。
あ、でも叶うとなるとホントに競演してもいいのかどうか躊躇したって言ってたけどね。

ユーミンの40年も凄いけど、プロコル・ハルムも同じぐらい、いやそれ以上
活動し続けてるのよね、そういえば。お互い凄いよ。(最年長のおじさんは67歳!)

ユーミンは40周年だけど、私のユーミン暦は30周年だからね。
ユーミンの曲を初めて聴いたとき、私だって衝撃だったんだから。
不思議な声で今の自分のまさしく今思ってるような気持ちがそのまま
歌になってるなんて、誰なの?って感じだったもの。
逗子も苗場もクリスマスクルージングもみんな行った。
しばらく苗場も行ってないから来シーズンあたりは久々に行って見たいなー。

とにかく昨日はユーミンの凄さを見にしみて感じた2時間半だった。
やっぱりユーミンは辞められない。
死ぬまで付いていかないとな!
なんか、ユーミンって死なない感じがする。あの人(と三輪明宏さん)が
宇宙人で不老不死って言われても驚かないわ、きっと。笑

ユーミンにはいつまでも憧れの人でいて欲しい。

もう一回はド派手なユーミンライブが見てみたいよー。
来年あたり、アリーナツアーやってくれないかなぁ…
ドームまでは必要ないから、大阪城ホールで十分。
来年はユーミンのツアーもありそうだから今から楽しみだよ。

その前に来週のツヨシの舞台と、クリスマスのライブだな!(結局ココ。笑」)
スポンサーサイト
YUMING | コメント(0) | トラックバック(0)

日本の恋と…

2012年11月23日
昨日子供達連れてアニキ見に行ってきた!
塾もなかったし、お姉ちゃんも部活早く終わるっていうから
行ったのに、予定より30分も遅く終わったらしくて、時間に
間に合わないかと思ったけどギリギリセーフだったよ。
(予告はすでに始まってたけど)

娘1の感想は、なんかスッキリしない終わり方だったと。
ま、すべてが解決したわけじゃなくいろいろ含みを持っていたと
思うので、そう感じるのは仕方ないかと。
娘2の感想は、アニキもかっこいいけどりこちゃんかっこいい!って。
白いベンツが来た時、ヤバイと思ったらしいけどりこちゃんだとわかった時
隣でひゃー!かっこいいー!ってちっちゃく叫んでたからな。笑

ただ、後ろに座ってたバカップルが終始ずーっと喋っててうるさいのなんの。
何回後ろ向いて威嚇したか。(やや彦一モードになってて凄み利いてる)
背中の椅子も何回も蹴ってくるし。(その度に威嚇する柄の悪い母親)
喋るんやったら映画見にくんな!うっさいねん、ボケ!とか
帰りの車の中ではかなり柄の悪い親子になってましたが。苦笑

私はまだ友達と見に行くし、娘2も今度は静かな環境でもう一度みたいらしいので
あと2回は確実に見に行くだろう。何回見るねんって感じだけどさ。
なので私のいろんな感想はまたじっくりとね。

でも、今まで出てた雑誌もいろいろ読み直して映画見ようかなーとか思って
雑誌読み直してるんだよね。
日本映画naviは映画のシーンの写真がいっぱい載ってて、かなりネタばれ?って
思って見直してたんだけど。
あと、いろんな人の映画の感想も見たけど、そういうのを見てまた映画を見ると
新しい発見があったりと、今回はいろんな映画の見方が出来るなーって。

まだまだアニキで楽しめそうですわ。

とアニキ話で盛り上がりましたがもう1つの話題。

>>続きを読む・・・
YUMING | コメント(0) | トラックバック(0)

SURF&SNOW

2012年02月18日
今年もユーミンの「SURF&SNOW in Naeba」が始まった。
もう長いこと苗場プリンスには行ってないなぁ…
今6年生の娘がお腹にいるときに、友達と2人夜行バスに揺られて
大阪から苗場まで出かけて行ったんだっけ。(かなり無謀?)
あ、一応先生の許可というか、大丈夫のお墨付きは貰って行ったんだよ。

それまでは苗場にはダンナと2人でスキーも兼ねて行ってたんだけど
いつもユーミンのライブに一緒に行ってる友達をどうしても苗場に
連れて行ってあげたかったんだけど、彼女はスキーやらないし
私はスキー滑りたいし…ってことで一緒には行けなかったの。
でもお腹に子供がいるから私もスキー出来ないし、それなら2人で
ホテルライフを楽しめるよねってことで一緒に行ったんだよ。
たしか20周年目前の19回目だったと思う。
それから苗場にはいけてないから13年行ってないのか…

あの空間はホントに独特で、雪に閉ざされて外界とは遮断された場所。
でもプールも温泉も様々なレストラン、娯楽施設、全てが揃っている。
たくさんのスキーヤーがスキーを楽しみ、ホテルライフを楽しんで、
夜になると着飾った大人たちがこじんまりとしたホールに集まって
夢のような3時間を過ごす。

ホントに大人のリゾートって感じでしばらく続けて行ってたころは
とっても楽しかった。だって、夢のような世界なんだもん。
ライブハウスぐらいの大きさだからユーミンもものすごく近いし
スペシャル感満載のあの雰囲気が今も忘れられない。
外は吹雪でも「ブリザーディウム」の中は半袖でもいいぐらいの熱気。
13年前とちっとも変わっていない風景がネットライブで繰り広げられてる。

苗場に行けなくなってからネットライブが始まって、有料で何度かライブが
見れるようになった。だから行けなくてもそんなに寂しくないんだけど
画面を通してみていると、やたらあの空間に行きたくなる。

去年、行こうと思ったけど日程が合わなかった。
今年は受験真っ只中なので行けそうにないし。(今度は子供を連れて行きたい)

来年こそは子供もつれて参加しようと思ってる。
(先立つものはかなり必要になるが)

そういえばユーミンが10月に帝国劇場でお芝居するらしい。
ユーミンの歌とお芝居が融合すると言う所までは聞いたけど
詳しくはわからない。共演者は貫地谷しほりちゃん。
そう、ゴロー啄木の奥様役の人ね。
どんなものになるのかわからないけど、ぜひ行って見たい。

ユーミンも去年の3月の震災以来、考え方にも変化があった様で
いろいろ新しいことに取り組んでいるように思う。
よくいろんな掲示板では「いろいろやらないと落ち目になってきたから」とか
心無いコトも書かれているみたいだけど、そんなのどうでもいいよ。
ユーミンがやりたいことにチャレンジするのならそれを見たいと思うのが
ファンなのよ。
CDの売り上げは確かに以前より少ないかもしれない。
でもそれは全体的に言えること。
ライブは相変わらずファンクラブ以外でチケット取ろうと思うと
なかなか取れなくてホントに難しいし。

そんなことより彼女が活動し続ける限り応援していくもんね。

今のお仕事、午前中だけだから凄く便利なんだけど
お昼からもう一個お仕事探そうかなぁ…
イトマンのバイト、探してないかしら…
昔取った杵柄、小さい子供に水泳教えたいなぁ。
一回聞いてみようかな?
自分の運動にもなるし、一石二鳥なんだよねープールのバイトって。
老体に鞭打ってやってみる?それとも断られるかなぁ…
 
夜に入れるとなると他の病院でも行けるかもしれないしな。
ま、いろいろ考えてみよう。

近い未来にあのスペシャルな空間に参加できるように
少しずつ頑張ろうっと!


そういえばSMAPも朝ドラの主題歌やるんだねー。
ユーミンも「春よ来い」でやってたよ、昔。
今は昼ドラの主題歌やってますが。

NHKの朝ドラの主題歌なんてますます国民的アイドルに
なっちゃうじゃないのぉ?
最近、NHKづいてるな、SMAP。
ま、その話はまた明日。


YUMING | コメント(0) | トラックバック(0)

永遠の憧れ。

2011年08月20日
昨日はユーミンの大阪公演最終日だった。
金曜日はいつもは仕事休みだけど、昨日は代わって欲しいと
言われたので朝から仕事してきた。(夏休みお金使いすぎた)
3時半ごろ友達と待ち合わせして、いつものお蕎麦屋さんへ。
(大阪の瓢亭という夕霧そばが有名なお店。美味しいんだよー。)


今回も大阪国際会議場なので、またリーガロイヤルホテルの
シャトルバスで会場入り。
エレベータの前で「ユーミン人生の師匠」の姐さんとバッタリ。
久しぶりー!と熱いハグを交わしてしばし歓談。
彼女とは以前、チケット取るのに徹夜で並んでいた時に
仲良くなって、その後初めて逗子のコンサート(サーフ&スノー)に
連れて行って貰ったりしてホントお世話になった人なんだよね。

で、最終日の公演は初っ端からユーミンのテンションは異常に
高かった感じがした。
だって、「あれ?今日なんかユーミンおかしくないか?」って
思うぐらい妙なテンションだったんだもん。
でもそのおかげか?会場のテンションもヒートアップして
6月の時よりもさらに盛り上がって、さすが大阪最終日!の
雰囲気を満喫してきたよ。

踊りすぎて疲れたし、手を叩きすぎて左の手のひらが内出血してた…
どんだけ~(死語。爆)





>>続きを読む・・・
YUMING | コメント(0) | トラックバック(0)

やっぱりユーミン。

2011年06月06日
昨日、ユーミンのライブに行ってきた。
ちょうど2年ぶりぐらいかな?
こちらも最近、毎年ではなく2年ごとって感じになってきた。

まぁシャングリラとか大掛かりなものをやったら間が開いたり
してたんだけど、ユーミンも還暦間近だしねぇ。(今年で57歳!)

しかし、あんな57歳はその辺にはいてないわ。
アーティストの人、その他芸能人はたいてい年齢より若く美しいけれど
あんなパワフルな57歳は他にはいてないと思うんだよねぇ。

もうスタイルがいいのなんのって。
二の腕やウエストはやはり多少年齢が出てるところもあるけれど
足の美しさはハンパない!あんな服装がまだ出来るんだもんなー。

いきなりブロードウェイのシネマ前みたいなセットに始まり
50~60年代の女優っぽい姿。(くそ暑いのにウールのロングコートだし!)
かと思えば、スペイン広場の前にいるような景色になり
マタドールみたいなぴたっとしたサブリナパンツをはいてたと思うと
次のシーンではあっという間にオリエンタルな雰囲気の曲になり和服姿に。
SMAPもびっくりの早着替えだよ。

着物はワンタッチ着物だったとしても足袋は?ってぐらいの
あっという間の着替え。
着物はご実家、八王子の荒井呉服店で作ったのでしょうか?笑

夏の曲が続く時にはさわやかなワンピース。
SFチックな曲の時はロボットみたいなコスチューム。
ヘルメットはALSOKみたいでしたが。爆

あのピタピタ衣装が着れるなんて、凄いよなーなんて
友達と語り合ったのは言うまでもない。
私たちも負けてられへんからぶよぶよの体を締めないと!

最後は映画のシカゴで着てたみたいなキランキランの衣装。
スパンコールというか、全身ミラーボール?みたいな
うーんと、あのなんていうか、パーティーバッグみたいなキラキラの。

ひざ上で足がいっぱい出てるんだけど、全然大丈夫。

ダブルアンコールまで出たけど、そこは大阪。
最終日は「卒業写真」を歌ってくれるまで帰らないよって言う
お客ばっかり。笑
戻ってきて武部さんのピアノで卒業写真を歌ってくれたので
みんなで合唱?してコンサートはお開きになりました。

最後に震災のことに触れて、阪神の時もツアー中だったけど
そのまま続けたので、今回もいろいろ考えたけど頑張ってやろうと
ツアーをやることにしたと。
前回も今回もそれが正しかったかどうかはわからないけど、自分に
やれることを全力でやっていこうと思ったと、話していて
客席の私たちに向かって「勇気をありがとう。必ずみんなにこの気持ちを
お返ししていきます!」って言ってくれたんだけど、それまでに
どれだけユーミンからいろんなものを貰っているか。

SMAPはどっちかというと私の中では部活っていうか、課外活動みたいな感じが
あるんだけど、ユーミンはもう30年以上追っかけてて、青春そのもの、
ライフワークみたいなところがあるから、なんかジーンと来た。

別に雑誌を買ったり一生懸命テレビやラジオを追うわけではないんだけど、
いつも何かしらの時にはユーミンの曲が寄り添ってくれてたからなぁ。

やっぱりユーミン。凄いです。
歌えなくなるまで頑張って欲しい。
客層も年々年取っていくし、男の人も多いけど、それでもついていくから!
まだまだ若いもんに負けずに頑張ってもらいたいよ。

心にしみる歌、作り続けて欲しい。
8月も待ってるからねー!
YUMING | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。